英文法を勉強したところで英語を話せるようになるの?

はい、どうもー!

Tonyです!

 

今日は英文法を勉強しただけで、話せるようになるのかどうか、という点について僕が思っていることをお話出来ればと思います。

 

英文法を勉強する意味

皆さん「英文法を勉強する意味あるの?」って思ってらっしゃる方いらっしゃいませんか?

 

「日本で文法とかのお勉強しても意味ないでしょ?」

「現地で1年ぐらい生活すれば英文法はテキトーでも話せるようになるでしょ?」

そう思ってる人も結構いそうですよね??

答えはNo!!!ですね。

 

なぜ英文法が必要なのか?

海外に数年住んでて喋れない人、英語が聞き取れない人、もしくはすごくブロークンな英語しか話せない、というような人はこの世の中にたくさんいると思います。

まぁ、ブロークンでもコミュニケーション取れるのであれば、いいんですけどね。

多分帰国子女以外でブロークンな英語しか話せない人は普通の英語が聴けないと思います。

少なくともビジネスで使える様な大人のコミュニケーションをとることは難しいでしょう。

 

英文法はネイティブスピーカーが頻繁に使うもの

大人になってから(特に20代以降)英語を話せるようになるのは、至難の技です。

英語の構造、すなわち文法を学んで、体に染み付かせないと自由に使うことは難しいんです。

文法って言っても、よくある英語の文法書っていうのは、結局、ネイティブスピーカーがよく使う基本的な表現をまとめたものですからね。

これをまずは使いこなせるようにならないと、伝えたい事が伝わらないし、基本的な英語が聞き取る事も不可能ですね。

当然、文法だけ完璧に覚えていても話せないんですが・・・それはまたの機会に!!

 

少し踏ん張って高校レベルの英文法をマスター

皆さん、いかがでしたでしょうか?

今日は英文法の必要性についてお話ししました。

結局、高校レベルの英文法をしっかりと叩き込んで英会話がスタート出来る状態なんだと私は思っています。

なので、英語をこれから勉強し始める方は高校レベルの文法をマスターするところから始めるのが結局近道です。

すごく面白くなさそうですが、ここは耐えましょう・・・

その先に楽しい、おもしろい実践が待っている!!

はず…

 

また近いうちにTonyのオススメの英文法書などについて、記載します!!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!それでは!!

 

 

Best regards,

Tony

コメント

タイトルとURLをコピーしました