英語初心者のための基礎英文法シリーズ_No4(3単現のS)

英語初心者のための基礎英文法シリーズ_No4(3単現のS)

はい、どうもー!Tonyです。

さて基礎英文法シリーズ、3単現のSについてご紹介します!

 

本当は疑問詞について追加で解説しようと思ったのですが、この3単現を説明しないと色々と説明しづらいので、ここで説明します!

では、行きましょう!!

Let’s get started!!! 

3単現のSって?

習いましたよね。。

でもよくわからない。。。

 

そんな方も多いと思います。

3単現とは以下の略称です。

  • 主語が3人称
  • 主語が単数
  • 動詞が現在形

上記3つの条件が揃った時のことです。

この時に動詞の最後にSを付けます。

これが3単現のSのルールです。

3人称とは?

これについては、以前説明しましたので、前回の記事も合わせてご確認ください。 

www.tonyblog7.com

 つまり、今話している当事者以外が主語になる場合です。

 

私、私たち、あなた、あなたたち、などが、1人称と2人称ですね。

3人称の具体例が以下です。

彼、彼ら、彼女、彼女たち、トニーetc。

単数とは?

単数というのは主語が単数であるときのことです。

つまり、私、あなた、彼、Tonyは全て単数ですね。

 

ただし、彼ら、Tonyと私、などが主語の場合は複数になります。

現在形は?

過去の表現や未来の表現が今後出てきますので、

今回は深く考えなくても問題ないです。

 

とにかく、今のことを表現したい時は現在形です。

3単現の例文を確認

彼は公園を走る。

→He runs in the park.

 

簡単ですかね?

次はいかがでしょうか?

 

トニーはたまに公園を歩く。

→Tony sometimes walks in the park.

 

間に頻度を表す副詞sometimesが入ってます。

頻度を表す副詞は一般動詞の前、be動詞の後に配置されます。

 

この時に3単現のSを忘れる人がTOEIC高得点者の方でも存在しますので、

ここは何度もしっかりと抑えてください。

疑問文にすると?

彼は公園を走りますか?

→Does he run in the park?

 

Tonyはたまに公園を歩きますか?

→Does Tony sometimes walk in the park?

 

ここでも、頻度を表す副詞が動詞の直前に来るのをお忘れなく。

 

また、一般動詞の疑問文の先頭はDoばかりでしたが、

3単現の時はDoの変化形Doesを持ってきます。

否定文は?

否定文もほぼ同様ですね。

 

彼は公園を走らない。

→He does not run in the park.

 

Tonyは公園を歩かない。

→Tony does not walk in the park.

 

これは簡単でしたでしょうか。

まとめ:3単現も簡単ではないです

みなさん、いかがでしたでしょうか?

本日は3単現のSについて記載しました。

 

特に副詞を挟んだ時に忘れる人はTOEIC高得点者でも、忘れる人が多いです。

しっかりと例文を復習してください。

 

では、また!!!

 

Best regards,

Tony

コメント

タイトルとURLをコピーしました