プーケット旅行記2019-2020:1日目コムローイ祭り

プーケット旅行記2019-2020:1日目コムローイ祭り

はい、どうもー!!

Tonyです。

 

みなさん、あけましておめでとうございます。

年末年始ということで、Blogの更新が滞り申し訳ございません。

 

2019-20の年末年始はタイ王国にある南国リゾートのプーケットについて発信していこうと思います。

プーケット(Phuket)って?

みなさんプーケットはご存知でしょうか?

意外と知らない人が多いのですが、国としてはタイ王国ですよ。

 

なので、単純なビーチリゾートというわけではなく、

タイ料理やタイマッサージも楽しめちゃいます。

ちなみに私は年末年始にプーケットに行くのはなんと3回目です。

 

実はこの時期は現地は乾季なので、とても過ごしやすく、

しかも航空券が安いんですよ!!(ベストシーズンなのに・・・)

 

ということで、僕は年末年始の海外旅行はプーケットが最高だと思ってます。

航空券はエアアジア(Air Asia)

さて、今回はLCCのエアアジアで行きました。

私は海外旅行大好きなのですが、以下の4点からいつもLCCです。

  1. 安い
  2. 機内食いらない
  3. 映画もいらない
  4. フルキャリアでもエコノミーはキツイ

安いのは当然ですよね。

 

機内食っていらなくないですか?

そもそも美味しくないし、食べない時もあるし。

 

映画もNetflixにダウンロードです。

 

あと、フルキャリアの航空会社でも、エコノミーはどうせキツイです。

 

なので、LCCで充分だわ、と思ってどこの国に行く時もLCCを利用しています。

(仕事で海外出張行く時は違うけどね)

バンコクでトランジット

プーケットは日本からの直行便がないので、

今回はバンコクのドンムアン空港でトランジットです。

 

お腹が空いたので、空港でタイ料理!!!

とはならず、なんと一風堂でラーメンをwww

日本のそのままの味で最高においしかったです。

 

どうせ現地でタイ料理ばっかりたべるしね。

空港からはタクシー

さて、ドンムアンからは約1時間ほどでプーケット国際空港に到着です。

ロビーから出るとすごい数のタクシーやらバスやらの客引きが。

 

昼間についたら、Grabタクシーを使いましょうね。

 

今回はGrabよりもバンでの乗合のタクシーの方が安かったので、そちらを利用しました。

 

今回のホテルはカタビーチ付近にあるホテルに宿泊しましたが、

なんだかんだホテルに着いたのは22時ころでした。

 

そこから軽くタイ料理を食べて、カウントダウンとコムローイ上げへ!!

ビーチでカウントダウンとコムローイ上げ

コムローイとは、火のついたランタンを空に向かって飛ばすものです。

タイのチェンマイでは毎年11月頃に世界的にも有名なコムローイ祭りというもの

が行われております。

 

僕たちもコムローイを上げるためにカタビーチへ行きました。

ビーチでは多くの人が花火をあげたり、ビールを飲んだりで賑わっていました。

↓こんな感じ

f:id:T_Stark7:20200106221745j:image

 おそらくプーケット最大の繁華街のパトンビーチはもっと大量の人が…

 

それはさておき、ビーチ前でコムローイを売っている人がいるので、

早速購入(100バーツ=400円ぐらい)しました。

 

そして、いよいよカウントダウン!!!

 

カウントダウン後はみんなが一斉にコムローイを上げてとても幻想的でした。

 

僕らも上げるために隣のロシア人(多分)にライターを拝借し、

ランタンの中に火を灯し、いざ!!!!

 

あれ…飛ばない…

 

少し難しいですね。笑

コムローイの上げ方

もし、あげる機会のある方は以下の手順で上げると上がりやすいです。

  1. 紙を全て開く
  2. 火を灯す
  3. 少し待つ(約2分)
  4. 風がないことを確認し、あげる

ランタンの周りは和紙のようなもので作られているのですが、

折りたたまれているので、丁寧に全て開きます。

 

そして、火を灯して、2〜3分待ちましょう!!(重要)

ランタンの中の火が行き渡るまで少し待ってから上げると

綺麗に上がりますよ。

 

ちなみに僕があげたの↓

f:id:T_Stark7:20200106221806p:image

もう少し早く上げることができれば、大量が上がってる瞬間の写真になったのに…

本当に幻想的でしたよ。

とにかくプーケットおすすめ

さて、みなさんいかがでしたでしょうか?

今日からは少し、旅行記を兼ねてプーケットの魅力について発信していきます。

 

なるべく日記ではなく、プーケットに行かれる方のためになる情報、

または、行きたくなるような情報を発信できるようにしますね。

 

コムローイのような体験は海外でしかできない貴重な体験なので、

ぜひ機会があれば挑戦してみてください。

 

では、また!!

 

Best regards,

Tony

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました