会計士が解説するTOEICで600点取得するためには

会計士が解説するTOEICで600点取得するためには

はい、どうもー!!Tonyです!

さて、本日はTOEICで600点取得するために必要なことについてお話しします。

 

600点はTOEIC初心者で多くの方が最初の目標となる点数ではないでしょうか。

就職活動や転職活動でも履歴書に書くことができる点数が600点ぐらいですよね。

 

高校卒業レベルの英文法

私の英語関連のブログでは、こればかり書いている気がしますが、

やはり高校卒業レベルの英文法の理解が絶対必要となります。

 

まさにPart5の問題は全て文法問題(語彙問題ともいえるが)ですしね。

高校卒業レベルの文法力があって初めてTOEIC学習のスタート地点ですね。

 

まず、これを読んで文法力がないと思った人は

すぐに高校レベルの英文法書を購入して学習を開始しましょう!

 

やるべきことはシンプル

英文法の力がある程度あれば、あとはやるべきことはシンプルです。

必要な教材は以下の2点です。

  • TOEIC初心者の単語帳
  • 公式問題集

単語帳

TOEIC用の単語帳は多く出ておりますが、目標点数が600点であれば、

初心者用の単語帳で充分です。

 

まずはこちらで毎日500語を眺めてください。

(おすすめの単語帳は別記事で説明しますね)

 

公式問題集

こちらは必須ですね。

 


公式TOEIC Listening & Reading 問題集 5

 

TOEICで何点を目標にしようとも、公式問題集については絶対練習しましょう。 

一番効果的な学習法ですからね。

 

特にリスニングを中心に通勤通学時間はずっとリスニングを聞くようにしましょう。

そして、ディクテーションです。

 

TOEIC公式問題のリスニング問題のディクテーションを繰り返せば

リスニング問題で350−400点ぐらい取得出来ますので一気に600点に近づけます。

 

600点突破の壁はリスニングにかかっていますよ。

600点は2−3ヶ月

高校レベルの英文法力があれば、上記の学習方法で2−3ヶ月で

600点は達成可能ではないでしょうか?

 

TOEICの難しさは多くの問題を時間内に解答することですからね。

 

TOEIC600点では会話できない

さてみなさん、いかがでしたでしょうか?

本日はTOEIC600点取得する方法について記事を書きました。

 

ただし、TOEIC600点を取得できても、全く英語を話せないです。

(個人的見解ですが)

 

また、この勉強だけで仮にTOEIC900点を取得しても、

英語を話せるようにはならないのでご注意ください。 

 

英語って難しい!!!

では、また!!

 

Best regards,

Tony

コメント

タイトルとURLをコピーしました