英文法の勉強方法(瞬間口頭英作文)

はい、どうもー!!Tonyです!

 

さて、本日は僕が口酸っぱくお話ししている英文法について、

僕が思う勉強方法についてお話しします。

 

英文法書を声に出して音読!!

何から初めて良いかわからない、という人はまず高校レベルの英文法書を一冊購入してください!(そろそろ近いうちにおすすめ書籍について書きますね・・・)

 

そしたら、まず全ページ音読してください!!

おそらくどの文法書にも単元ごとに英語の例文があると思いますので、

その例文については3回ぐらい大きな声で音読しましょう!

 

それで、文法書を1周、出来れば2週間以内を目指しましょう。

 

音読する関係上、音声データがついてくる文法書を利用するのが良いですね。

 

なぜ音読か?

なぜ、音読する必要があるのか、と思われるかもしれませんが、

やはり言語ですので、声に出して音で理解することは非常に重要だと思いますね。

 

最終的には、音で聞いて、音で話すので、音読は確実にやってください。

 

ちなみに他の勉強でも、音読はいいですよ。

僕は会計士試験の暗記科目でも音読するようにしてから、

頭に残りやすくなった実感があります。

 

とにかく瞬間英作文!!

音読で1周したら、すかさずもう2周お願いします( ̄▽ ̄)

はい、マッチョなこと言ってすいません。(←イケハヤさん風)

 

でも、これも非常に重要なことです。

「1周した後に同じ文法書をもう2周って意味あんのか?」

って思ってるそこのあなた!!!

 

意味あるんですよ。

 

3周目の段階では英文を隠した状態で

日本語を読んで瞬間的(3秒以内)に英文がスラスラと口から出るようにしましょう。

 

例えば、

 

「私は友人に花をあげた」

↓3秒以内

I gave my friend a flower. 

 

という感じです。

 

このレベルの例文なら3秒以内は余裕ですが、長くなってくると結構大変です。

これを瞬間口頭英作文と言います。

 

何が良いのかというと、これを繰り返せば日本語で言いたいことが

英語で出てくるようになるのです。

すなわち英語脳を作り上げるためのトレーニングと思ってください。

 

大人になってから英語を学ぶ日本人はこの方法以外で語学を習得することは

かなり困難だと言われてます。 

 

このトレーニングをやらずに二十歳前後の人が、語学留学に行くと

なかなか語学の習得に苦労するんです。

 

逆にこれから留学行く人、もしくはすでに現地に行っている人は

このトレーニングをやると目に見えて効果が違ってきますよ。

 

ふとした時に

「あれ、オレ今英語喋ってる?」

という感覚に。

 

この瞬間は嬉しいですよー!!

 

さぁ、いかがでしたでしょうか?

本日は効果的な英文法の勉強方法についてお話ししました。

 

僕は今でも、このようなトレーニングを続けております。

皆さんもぜひ試してみてください。

 

それでは!

 

Best regards,

Tony

コメント

タイトルとURLをコピーしました