ダメな大学生が突然公認会計士を目指した理由

こんばんは!Tonyです!

さて、本日は僕が公認会計士資格を取得しようと思った理由について記載します。

 

僕の学生時代

僕の大学での学生時代ははっきり言って下記の通り、典型的なダメ学生でした。

 

【ダメ学生】

・単位足りない

・友人少ない

・楽しくないetc

 

大学ではなく、地元の中学時代の友人とばかり遊び、そのためのお金を稼ぐためにアルバイトにのみ勤しむ。

 

結果・・・

・大学行かない

・新しい友達できない

・大学のテスト無理

・単位ない

・やばい

 

という感じです。

そのまま気づけば、みんなが就職活動を開始する3年生・・・

 

大学3年次のある授業での一言

なーんにも考える事なく気づけば大学3年生です。

「どうしよーかなー(何をやねん!!!)」と考えていた時、会計の授業を履修しました。

 

その教授の一言が

 

「6月の簿記3級合格したら単位あげるよ」

 

でした。

 

その時の僕の気持ちは

 

「取ってみるか。単位くれるって言うてるし、なんかやらなあかんよな」

 

と言う軽い気持ちで簿記3級の試験を受験することにしました。

 

 

そしたら奇跡的に合格!!!!(正直本当にまぐれです・・・)

調子に乗りますよね。。。

 

じゃぁ2級も!!

そういうわけで、簿記2級の受験も決意。

その勉強を進める中で公認会計士という職業を認識しました。

 

昔から漠然と

・組織にぶら下がるのはイヤ

・何か自分の強みが欲しい

・将来は独立したい

・資格ってスゴそう

と思っていました。(←完全にアホかつ単純なのですが)

 

公認会計士の可能性

当時は公認会計士試験の制度も変更直後で難関資格のわりには非常にチャンスのある資格試験であると各資格予備校が下記のように凄まじい宣伝をしておりました。

 

・高収入

・監査という独占業務

・税理士にもなれる

・活躍の幅が広いetc

 

「なんか普通に就職するのイヤやし、会計士って稼げそうやし、将来独立開業できるらしい」ということで、この資格を取得することを決意しました!

 

まとめ

という、すごく軽い気持ち+浅はかな思いで決意をし、かつ、

とにかく当時はこの資格を取得できれば無敵になれる気がしたのですwww

ただ昔から「これ!!」という強みが欲しかったのは本当です。

直感的に会計が僕の強みになるような気がしました。

 

その後については・・・

 

また思い立ったらブログにしようと思います!!

それでは、ありがとうございました!!

 

Best regards,

Tony

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました